テレビにひとり突っ込み 荻原博子がハマる中韓時代劇

公開日: 更新日:

 生命保険の仕組みを紹介したり、家計のムダをあぶり出したり……。分かりやすいマネー解説でおなじみの荻原博子さんの元気の秘密は、意外にも韓国や中国の時代劇を見てストレス発散することだった――。

■夫も息子も仕事だったGWに自宅でひとり

 グレーのジャケットに花柄のワンピースが映える荻原さん、ちょっと前には20キロもの激ヤセが話題になった。「今はリバウンドしちゃったけど」とはにかむが、ダイエット効果はまだまだ続いている。そんないきさつがあるだけに、失礼ながらてっきり食べるのが趣味かと思った。

「雑誌で連載している担当者や、出演した番組の方々を自宅に招いて、よくパーティーをします。ですから、食べるのは好きですよ」

 ローストビーフが人気だそうだ。でも、趣味というと、韓国や中国の時代劇。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る