テレビにひとり突っ込み 荻原博子がハマる中韓時代劇

公開日: 更新日:

 生命保険の仕組みを紹介したり、家計のムダをあぶり出したり……。分かりやすいマネー解説でおなじみの荻原博子さんの元気の秘密は、意外にも韓国や中国の時代劇を見てストレス発散することだった――。

■夫も息子も仕事だったGWに自宅でひとり

 グレーのジャケットに花柄のワンピースが映える荻原さん、ちょっと前には20キロもの激ヤセが話題になった。「今はリバウンドしちゃったけど」とはにかむが、ダイエット効果はまだまだ続いている。そんないきさつがあるだけに、失礼ながらてっきり食べるのが趣味かと思った。

「雑誌で連載している担当者や、出演した番組の方々を自宅に招いて、よくパーティーをします。ですから、食べるのは好きですよ」

 ローストビーフが人気だそうだ。でも、趣味というと、韓国や中国の時代劇。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る