“錦織人気”に便乗…にぎやかしタレントに「下心見える」の声

公開日: 更新日:

 テニスの全米オープンで、準優勝という偉業を達成した錦織圭(24)。日本中で大フィーバーになっているが、さっそくタレントが群がっている。

 日本人初の決勝進出を決めた際には、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、NON STYLEの井上裕介、市川海老蔵、浅野忠信、AKB48の島田晴香、クリス松村、岡本夏生などが、ツイッターやブログで「すごいすごい」「ありがとう」の大合唱。錦織と個人的に親しいわけでもなく、テニスにも無関係なのに、一方的に“コメント”を発信して騒いでいるのだ。

 中には、学生時代にテニスをやっていたタレントもいる。偉業をたたえたくなる気持ちも理解できる。が、深い親交もないのにわざわざSNSやブログに書き込んで祝福をアピールする行為に違和感を覚える向きも少なくないだろう。

 今年はソチ冬季五輪やサッカーのブラジルW杯でも“便乗タレント”が続出したが、作家の吉川潮氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  7. 7

    “東出不倫”で「スカーレット」八郎と三津の関係に批判噴出

  8. 8

    山形の老舗百貨店「大沼」自己破産を招いた3つの問題点

  9. 9

    進次郎「次の総理」急落 不倫騒動と側近のIR疑惑がWパンチ

  10. 10

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る