“錦織人気”に便乗…にぎやかしタレントに「下心見える」の声

公開日:  更新日:

 テニスの全米オープンで、準優勝という偉業を達成した錦織圭(24)。日本中で大フィーバーになっているが、さっそくタレントが群がっている。

 日本人初の決勝進出を決めた際には、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、NON STYLEの井上裕介、市川海老蔵、浅野忠信、AKB48の島田晴香、クリス松村、岡本夏生などが、ツイッターやブログで「すごいすごい」「ありがとう」の大合唱。錦織と個人的に親しいわけでもなく、テニスにも無関係なのに、一方的に“コメント”を発信して騒いでいるのだ。

 中には、学生時代にテニスをやっていたタレントもいる。偉業をたたえたくなる気持ちも理解できる。が、深い親交もないのにわざわざSNSやブログに書き込んで祝福をアピールする行為に違和感を覚える向きも少なくないだろう。

 今年はソチ冬季五輪やサッカーのブラジルW杯でも“便乗タレント”が続出したが、作家の吉川潮氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る