“錦織人気”に便乗…にぎやかしタレントに「下心見える」の声

公開日: 更新日:

 テニスの全米オープンで、準優勝という偉業を達成した錦織圭(24)。日本中で大フィーバーになっているが、さっそくタレントが群がっている。

 日本人初の決勝進出を決めた際には、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、NON STYLEの井上裕介、市川海老蔵浅野忠信、AKB48の島田晴香、クリス松村、岡本夏生などが、ツイッターやブログで「すごいすごい」「ありがとう」の大合唱。錦織と個人的に親しいわけでもなく、テニスにも無関係なのに、一方的に“コメント”を発信して騒いでいるのだ。

 中には、学生時代にテニスをやっていたタレントもいる。偉業をたたえたくなる気持ちも理解できる。が、深い親交もないのにわざわざSNSやブログに書き込んで祝福をアピールする行為に違和感を覚える向きも少なくないだろう。

 今年はソチ冬季五輪やサッカーのブラジルW杯でも“便乗タレント”が続出したが、作家の吉川潮氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る