杉山愛ママも絶賛 錦織の快進撃で注目集まる親の「育て方」

公開日:  更新日:

 負けたとはいえ、よくやった錦織圭。その両親の育て方にまで視線が集まっている。錦織がテニスを始めたころ、父・清志さんとよく通ったという島根・雲南市の「加茂中央公園」のテニスコート管理者はこう言う。

「錦織くんがここまでの選手になったのは家族の支えがあったからでしょう。清志さんは錦織くんに、試合での実戦経験を積ませることを大事にしていました。中国地方の各地で大会登録をするので、参加費用や交通費はバカにならない。送迎などにも時間を奪われます。並の覚悟でできることではありません」

「あの両親でなければ、今の圭はない」と語るのは、元プロテニス選手・杉山愛の母親で、09年に錦織のリハビリコーチも務めた杉山芙沙子氏だ。

「ご両親は圭くんの才能に早くから気付いていたようですが、焦って結果を求めるようなことは決してしませんでした。テニス選手以前に、人としての成長を重要視していたようです。09年、圭くんの右肘手術後のリハビリコーチとして、私に依頼された際も『ケガからの回復以前に、今の圭にとって一番いいことをやってあげて欲しい』と話していました。楽しくリハビリに取り組める環境を与えたかったようで、私も快諾しました。目先の利益ではなく、圭くんの将来を長い目で見ていたのでしょう」

 錦織は基礎的な身体能力も群を抜いていたようだが、それだけでは一流選手は育たない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る