日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賞金は半年で1.6億円も 錦織圭の“年収”はハンパじゃない

 26日に行われた全仏オープンで世界ランク59位の格下相手にまさかの1回戦負けを喫した錦織圭(24)。今月12日に日本人初となる世界ランクトップ10入り(9位)を成し遂げた直後の敗戦に、本人も悔しい思いをしているはず。その一方でファンの間で話題になっているのが錦織の「年収」だ。ある広告代理店関係者が言う。

「プロスポーツで一番稼げるのはメジャーリーガーやサッカー選手と思われがちですが、実は世界的に見ると、テニスのトッププロも凄い。男子世界ランク1位のナダル(27=スペイン)は、年収ベースで30億円以上を稼いでいる。競技の獲得賞金が高いうえに、スポンサー料、イベント出演料が高額だからです」

 先月末に発表されたテニスの4大大会のひとつであるウィンブルドンの大会賞金総額は約43億円。優勝賞金は約3億円で、1回戦負けした選手ですら約450万円を獲得できることも公になった。ならば、現在世界ランク10位の錦織はいくら稼いでいるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事