試合前から錦織には異変が…全米オープン決勝完敗の“舞台裏”

公開日: 更新日:

 全米オープンでアジア人初となる決勝に進出したものの、クロアチアのマリン・チリッチ(25)に敗れた錦織圭(24)。過去の対戦成績で5勝2敗とリードしている上、世界ランクも錦織(8位)が相手(12位)より上。多くのマスコミは「錦織有利」と予想していたが、まさかの完敗。

 新聞・テレビは試合後、「サーブが予想以上に強烈だった」とチリッチの状態の良さを敗因に挙げていたが、現地で取材をしたテニスジャーナリストの塚越亘氏によれば、「試合直前の練習の様子から嫌な雰囲気はありました」とこう続ける。

「試合当日の直前練習は、まず午後3時30分ごろからチリッチが始めました。この時点で彼は、錦織との対戦で劣勢を意識していたのか、吹っ切れたように明るく、練習も軽めでした。約45分間ある練習時間も10分前には切り上げ、残り時間を使ってコートで家族と記念撮影していたほどです。一方、その10分後にチリッチに代わってコートに現れた錦織は終始表情が硬く緊張気味。勝てる可能性が高い相手との決勝を前に、これまでのように『当たって砕けろ』という気持ちではなく、『絶対に勝たないと』という重圧で、体がガチガチになっているように見えました。この差が本番のプレーに影響を及ぼしてしまったように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  8. 8

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  9. 9

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  10. 10

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

もっと見る