「錦織決勝」で加入8万人! 使用料でもWOWOWニンマリ

公開日:  更新日:

 アジア人で初めてテニスの4大大会決勝に進んだ錦織圭(24)の快進撃はさまざまな特需を生んだ。

 本人が使用しているポロシャツやラケットが完売し、関連株も一時的ながら上昇。経済効果は3000億円超との試算も出たが、全米オープンを独占生中継したWOWOWも沸きに沸いた。

 決勝前に新規加入の問い合わせが殺到し、営業担当者だけでは手が足りず、ほとんどの社員が徹夜で対応に当たった、と伝えられた。同社に問い合わせると、9月の加入件数は来月初めに発表できるとのことだったが、「お問い合わせいただいた件数でいえば、前年同期の約20倍の数がありました」(広報部)とのこと。同社の総加入件数は8月末時点で約264万件、過去最高は02年1月末の約270万件。錦織効果でこれを更新することが確実視されている。

■映像使用料は1分3万円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る