日本人男子初 錦織圭が目指す「第5のGS」出場の可能性

公開日: 更新日:

 日本人初のグランドスラムファイナリストが早くも動きだした。

 全米オープン(OP)テニス男子シングルスで準優勝した錦織圭が11日(日本時間12日)、練習拠点である米フロリダ州のIMGアカデミーで練習を再開。22日開幕のマレーシアOP(クアラルンプール)に向けて汗を流した。

 日本人で初めて4大大会で決勝進出を果たした錦織が次に目指すのはワールドツアーの年間最終戦である「ATPワールドツアー・ファイナル」(11月、ロンドン)だ。

 この大会はシーズン上位8人が出場し、レベルの高い戦いが繰り広げられることから「第5のグランドスラム」と位置付けられている。大会への出場資格は過去52週間で得たポイントで決まる世界ランク(錦織は現在8位)とは別に、4大大会など今季の出場18試合での年間獲得ポイント上位8選手のみに与えられる。すでに1位ジョコビッチ(8150)、フェデラー(6880)、ナダル(6645)、チリッチ(3925)の4人が出場を決め、4枠を残すのみだ。今季ここまで錦織は3575ポイントで5位。10位のディミトロフ(3335)まで僅差で争っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る