日本人男子初 錦織圭が目指す「第5のGS」出場の可能性

公開日: 更新日:

 日本人初のグランドスラムファイナリストが早くも動きだした。

 全米オープン(OP)テニス男子シングルスで準優勝した錦織圭が11日(日本時間12日)、練習拠点である米フロリダ州のIMGアカデミーで練習を再開。22日開幕のマレーシアOP(クアラルンプール)に向けて汗を流した。

 日本人で初めて4大大会で決勝進出を果たした錦織が次に目指すのはワールドツアーの年間最終戦である「ATPワールドツアー・ファイナル」(11月、ロンドン)だ。

 この大会はシーズン上位8人が出場し、レベルの高い戦いが繰り広げられることから「第5のグランドスラム」と位置付けられている。大会への出場資格は過去52週間で得たポイントで決まる世界ランク(錦織は現在8位)とは別に、4大大会など今季の出場18試合での年間獲得ポイント上位8選手のみに与えられる。すでに1位ジョコビッチ(8150)、フェデラー(6880)、ナダル(6645)、チリッチ(3925)の4人が出場を決め、4枠を残すのみだ。今季ここまで錦織は3575ポイントで5位。10位のディミトロフ(3335)まで僅差で争っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る