日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人男子初 錦織圭が目指す「第5のGS」出場の可能性

 日本人初のグランドスラムファイナリストが早くも動きだした。

 全米オープン(OP)テニス男子シングルスで準優勝した錦織圭が11日(日本時間12日)、練習拠点である米フロリダ州のIMGアカデミーで練習を再開。22日開幕のマレーシアOP(クアラルンプール)に向けて汗を流した。

 日本人で初めて4大大会で決勝進出を果たした錦織が次に目指すのはワールドツアーの年間最終戦である「ATPワールドツアー・ファイナル」(11月、ロンドン)だ。

 この大会はシーズン上位8人が出場し、レベルの高い戦いが繰り広げられることから「第5のグランドスラム」と位置付けられている。大会への出場資格は過去52週間で得たポイントで決まる世界ランク(錦織は現在8位)とは別に、4大大会など今季の出場18試合での年間獲得ポイント上位8選手のみに与えられる。すでに1位ジョコビッチ(8150)、フェデラー(6880)、ナダル(6645)、チリッチ(3925)の4人が出場を決め、4枠を残すのみだ。今季ここまで錦織は3575ポイントで5位。10位のディミトロフ(3335)まで僅差で争っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事