お笑いコンビ「弾丸ジャッキー」のまるで“好対照”な貧乏時代

公開日: 更新日:

 元体操選手と元自衛官という異色お笑いコンビは、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権SP」で優勝して話題に。貧乏では「堅実タイプ」と「アウトロータイプ」に分かれていて……。

テキサス(写真右) うちは母子家庭で、2人の兄貴はかなり年上なので、母親と2人で団地暮らししてた。

オラキオ(同左) うちも母子家庭。25か26歳でコンビ組み始めたころ、相方と居酒屋で飲んだ時に2人とも母子家庭って話になった。僕はそうでもなかったけど相方のテキサスは貧しかったですよぉ。小学校で「お泊まり教育」があったらしく、参加費が500円で参加自由。お母さんに「そんなお金、うちにはない」と言われ、相方が「みんなと行きたい!」とねだったら、お母さんが首に下げてるお守りの中から500円玉を出し、「何かあった時のためのお金だけど、これでお泊まりしてきなさい」って。その話を泣きながら僕にしてくれて(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る