日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気ヒール紅夜叉 「からあげGP」金賞の居酒屋を切り盛り

 女性暴走族、レディースのイメージそのまま! 真っ赤な木刀片手に特攻服のリング衣装で人気があった紅夜叉さん(44)。ハコ乗り固め、ダイビング・ギロチンドロップ、雪崩式のど輪落としなどの荒技を武器にヒールレスラーとして大人気だった。99年7月、惜しまれつつ引退した紅さん、今どうしているのか。

「親方(ダンナのこと)は東京で和食の修業をしてた板前で、結婚したら居酒屋をやりたいねって話してたんです。ワタシ自身、子供時代、親戚の旅館を手伝うくらい接客好きだったし。三島を選んだのは親方が西伊豆出身のため。この辺りは新鮮な魚介が豊富でしょ。ワタシは魚をさばけないから、揚げ物専門だけど」

 JR三島駅前の居酒屋「なごみ亭」で会った紅夜叉さん、まずはこう言った。2000年3月に入籍。同年の7月にテーブルと座敷で20席の同店を開いた。

「実はこの4月、とってもうれしいことがありましてね。第5回からあげグランプリ味バラエティー部門で金賞を受賞したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事