「どこまで脱げるか」の声上がる 矢口真里“自主規制”の前途

公開日: 更新日:

 どこか吹っ切れたような笑顔で、カメラを見つめる矢口真里(31)。今週、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に生出演し、1年5カ月ぶりに芸能活動を再開後のショットである。今後について、「全く何も決まってない」と言い、どこからもオファーがなかった場合、引退も覚悟していると報道陣に語っていた。

「本音だと思いますよ」と、スポーツ紙芸能デスクが言う。
「今回の出演は、『ミヤネ屋』にレギュラーコーナーを持つ芸能リポーターの井上公造が番組関係者に働きかけて実現したようです。騒動後の初出しだから『ミヤネ屋』は高視聴率を狙えて、番組としても悪くない話だったと思いますが、矢口の今後がうまくいくかというと、そうは限らない。活動休止の原因が、夫の留守中に別の男を自宅に連れ込んでの不倫ですからね。それで離婚し、不倫相手と今は同棲しつつ、離婚についてはしゃべりませんでは、視聴者が本当に納得したとは思えない。TVに出てもあまり視聴率は見込めないし、出たら主婦層の反感を買うのでは。ワイドショーやバラエティーはキツいかもしれません」

 こうした状況もあってか、「今後はどこまで脱げるか、だな」という声が上がっていたほど…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る