「どこまで脱げるか」の声上がる 矢口真里“自主規制”の前途

公開日: 更新日:

 どこか吹っ切れたような笑顔で、カメラを見つめる矢口真里(31)。今週、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に生出演し、1年5カ月ぶりに芸能活動を再開後のショットである。今後について、「全く何も決まってない」と言い、どこからもオファーがなかった場合、引退も覚悟していると報道陣に語っていた。

「本音だと思いますよ」と、スポーツ紙芸能デスクが言う。
「今回の出演は、『ミヤネ屋』にレギュラーコーナーを持つ芸能リポーターの井上公造が番組関係者に働きかけて実現したようです。騒動後の初出しだから『ミヤネ屋』は高視聴率を狙えて、番組としても悪くない話だったと思いますが、矢口の今後がうまくいくかというと、そうは限らない。活動休止の原因が、夫の留守中に別の男を自宅に連れ込んでの不倫ですからね。それで離婚し、不倫相手と今は同棲しつつ、離婚についてはしゃべりませんでは、視聴者が本当に納得したとは思えない。TVに出てもあまり視聴率は見込めないし、出たら主婦層の反感を買うのでは。ワイドショーやバラエティーはキツいかもしれません」

 こうした状況もあってか、「今後はどこまで脱げるか、だな」という声が上がっていたほど…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る