森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

高校野球をテーマに漫画を描きながら痛々しくて甲子園を楽しめない

公開日:  更新日:

 漫画家として僕は、高校野球をテーマにした作品を多く書いている。でも、見るのは好きじゃない。真っ盛りの夏の甲子園もそう。アルプススタンドで声をからして必死に応援する野球部員、勝った負けたで泣きじゃくる選手。テレビや新聞にはお涙頂戴の“ドラマ”があふれているが、高校野球を見ていると僕にはどうしても痛々しさが先に立ってしまうのだ。

 高校時代、僕も野球をやっていた。長野の公立高校野球部に入り、私学の強豪校ほどではなくとも毎日毎日、練習をしてきた。だから、例えば、スタンドで応援している野球部員を目にすると、こんなことを想像する。

「彼らは1年生のときから、めちゃくちゃに走り込み、バットを振り、ノックも受け、ときには何時間も水を飲まず、つらい練習に耐えてきたんだろうな。でも、競争に負けて背番号を与えられず、ベンチから外れた。めちゃくちゃつらくて悔しいはずなのに、それを胸の奥にしまい込んで、応援しているのかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る