森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

高校野球をテーマに漫画を描きながら痛々しくて甲子園を楽しめない

公開日:  更新日:

 漫画家として僕は、高校野球をテーマにした作品を多く書いている。でも、見るのは好きじゃない。真っ盛りの夏の甲子園もそう。アルプススタンドで声をからして必死に応援する野球部員、勝った負けたで泣きじゃくる選手。テレビや新聞にはお涙頂戴の“ドラマ”があふれているが、高校野球を見ていると僕にはどうしても痛々しさが先に立ってしまうのだ。

 高校時代、僕も野球をやっていた。長野の公立高校野球部に入り、私学の強豪校ほどではなくとも毎日毎日、練習をしてきた。だから、例えば、スタンドで応援している野球部員を目にすると、こんなことを想像する。

「彼らは1年生のときから、めちゃくちゃに走り込み、バットを振り、ノックも受け、ときには何時間も水を飲まず、つらい練習に耐えてきたんだろうな。でも、競争に負けて背番号を与えられず、ベンチから外れた。めちゃくちゃつらくて悔しいはずなのに、それを胸の奥にしまい込んで、応援しているのかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る