日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

徳光vs太川&蛭子 正月「路線バス番組」対決は“ドロー”

 正月にノンビリしながら「路線バスの旅」を見た人が多かったようだ。

 “居眠り徳さん(徳光和夫)”の「路線バスで寄り道の旅 2015新春 品川~横浜~鎌倉~箱根芦ノ湖 東京箱根間片道バス乗車乗継ぎSP」(2日、テレビ朝日系)と、太川陽介と蛭子能収の珍道中の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第19弾」(3日、テレビ東京系)だ。

 視聴率は徳さんが13時~18時の5時間で平均10.1%、太川&蛭子は18時30分~19時が8.0%、19時~22時9分が12.4%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 バスに乗るといびきをかきながら寝てしまう徳光の番組が長時間、それも午後帯で10%を超えたのはすごい。また、マルシアをゲストに、大阪から金沢にたどり着いた太川&蛭子もキッチリと数字を確保した。

 芸能人がワンサカ出てきて、つまらない話を聞かされるより、庶民的で親近感がわく路線バスの旅の方が何倍も良質。改編期にまた両者の対決を見てみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事