徳光vs太川&蛭子 正月「路線バス番組」対決は“ドロー”

公開日:  更新日:

 正月にノンビリしながら「路線バスの旅」を見た人が多かったようだ。

 “居眠り徳さん(徳光和夫)”の「路線バスで寄り道の旅 2015新春 品川~横浜~鎌倉~箱根芦ノ湖 東京箱根間片道バス乗車乗継ぎSP」(2日、テレビ朝日系)と、太川陽介と蛭子能収の珍道中の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第19弾」(3日、テレビ東京系)だ。

 視聴率は徳さんが13時~18時の5時間で平均10.1%、太川&蛭子は18時30分~19時が8.0%、19時~22時9分が12.4%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 バスに乗るといびきをかきながら寝てしまう徳光の番組が長時間、それも午後帯で10%を超えたのはすごい。また、マルシアをゲストに、大阪から金沢にたどり着いた太川&蛭子もキッチリと数字を確保した。

 芸能人がワンサカ出てきて、つまらない話を聞かされるより、庶民的で親近感がわく路線バスの旅の方が何倍も良質。改編期にまた両者の対決を見てみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る