劇団四季を退団して韓国へ「レミゼ」キム・ジュンヒョンは今

公開日:  更新日:

 2013年に上演されたミュージカル「レ・ミゼラブル」で、韓国人俳優が初めて主演した。ジャン・バルジャン役に抜擢されたのは、キム・ジュンヒョン(36)。劇団四季では「金田俊秀」として活動していた。男性客から「カッコ良すぎる」とやっかまれるほど好演を見せた一方、ケガで休演する騒動もあった。韓国に拠点を戻した今、どうしているのか?

 05年に四季のオーディションに合格し、06年に「ライオンキング」のムファサ役でデビュー。08年に「ジーザス・クライスト=スーパースター」で初主演を果たしたが、10年に退団して帰国した。日本の「レミゼ」で大役をつかんだのは、それから3年後のことだった。

「バルジャンを執拗に追う警部ジャベール役でオーディションを受けたのですが、演出家から渡されたのはバルジャンの楽譜。ビックリしました。まだ若くて人生経験も少ない。バルジャンの心情を伝えられるかどうか。寝ずに役を研究して、1週間後にようやく心を決めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る