劇団四季を退団して韓国へ「レミゼ」キム・ジュンヒョンは今

公開日: 更新日:

 2013年に上演されたミュージカル「レ・ミゼラブル」で、韓国人俳優が初めて主演した。ジャン・バルジャン役に抜擢されたのは、キム・ジュンヒョン(36)。劇団四季では「金田俊秀」として活動していた。男性客から「カッコ良すぎる」とやっかまれるほど好演を見せた一方、ケガで休演する騒動もあった。韓国に拠点を戻した今、どうしているのか?

 05年に四季のオーディションに合格し、06年に「ライオンキング」のムファサ役でデビュー。08年に「ジーザス・クライスト=スーパースター」で初主演を果たしたが、10年に退団して帰国した。日本の「レミゼ」で大役をつかんだのは、それから3年後のことだった。

「バルジャンを執拗に追う警部ジャベール役でオーディションを受けたのですが、演出家から渡されたのはバルジャンの楽譜。ビックリしました。まだ若くて人生経験も少ない。バルジャンの心情を伝えられるかどうか。寝ずに役を研究して、1週間後にようやく心を決めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る