日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

劇団四季を退団して韓国へ「レミゼ」キム・ジュンヒョンは今

 2013年に上演されたミュージカル「レ・ミゼラブル」で、韓国人俳優が初めて主演した。ジャン・バルジャン役に抜擢されたのは、キム・ジュンヒョン(36)。劇団四季では「金田俊秀」として活動していた。男性客から「カッコ良すぎる」とやっかまれるほど好演を見せた一方、ケガで休演する騒動もあった。韓国に拠点を戻した今、どうしているのか?

 05年に四季のオーディションに合格し、06年に「ライオンキング」のムファサ役でデビュー。08年に「ジーザス・クライスト=スーパースター」で初主演を果たしたが、10年に退団して帰国した。日本の「レミゼ」で大役をつかんだのは、それから3年後のことだった。

「バルジャンを執拗に追う警部ジャベール役でオーディションを受けたのですが、演出家から渡されたのはバルジャンの楽譜。ビックリしました。まだ若くて人生経験も少ない。バルジャンの心情を伝えられるかどうか。寝ずに役を研究して、1週間後にようやく心を決めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事