• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たかじんさん偲ぶ会を前に…いまだ沈静化しない「殉愛」騒動

「来月3日に一周忌を偲ぶ会が大阪のホテルで開かれますが、こんな状況で果たして供養になるのかどうか……」(芸能関係者)

 昨年1月に食道がんで死去した、やしきたかじん(享年64)。亡くなった今も存在感を放っているといえば聞こえはいいが、穏やかでない話題が後を絶たない。

 現在も関西ローカルで本人の名前を冠した3番組がそのまま放送されているが、26日、ついに大ナタが振るわれる可能性が浮上。「たかじんNOマネーBLACK」(テレビ大阪)が春の改編に伴い、3月末で番組終了、もしくは冠外しを検討していると同局の青山高博社長が明らかにしたのである。

 裁判も動き始めた。昨年末に表面化していた、たかじんの妻・家鋪さくらさんが夫の一番弟子である打越元久氏(56)を名誉毀損で訴えた件。同11月に放送されたインターネットラジオでの打越氏の発言がさくらさんの名誉を著しく傷つけたとし、1000万円の損害賠償請求を求めたとされるが、打越氏が自身のツイッター上で第1回口頭弁論の期日が2月18日に決まり、「長い戦いの幕開けの日です」(24日付)と決意を新たにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る