日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花のれん」で好演の矢田亜希子に“昼ドラの星”目指せの声

 矢田亜希子(36)が昼ドラで地味に奮闘している。

 矢田はドラマや映画で主演するなど順調に活躍していたが、09年に旦那の押尾学が薬物事件で逮捕され、同年離婚し、その後に休養。別に矢田は関係ないのに、事件の影響で第一線から一時的に消えていた。

 しかし、10年には復帰し、去年は深夜ドラマ「慰謝料弁護士」(日本テレビ系)に出演、今年はなんと昼ドラに脇役で出ている!

 といっても、昼ドラの「花嫁のれん」(フジテレビ系)は人気で、矢田は今の第4シーズンのレギュラーの目玉。ドラマの柱は大女将の野際陽子と嫁である羽田美智子とのやりとり(嫁と姑のバトル)だが、矢田は舞台である金沢の老舗の旅館で“女将塾”に通う真知子を演じ、いろんな意味でハマリ役なのだ。

 まず、着物が似合う。ほかの女将見習の女たちの中で際立った美しさと存在感がある。「これからは和服姿の役なんかいいかもね!」と思って見ていたら、なんと先週から今週にかけて、田舎の能登に帰って、漁港で働く暗い展開に! 女将塾のほかの見習をかばったせいで辞めさせられたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事