「低視聴率」に泣いた川口春奈 セクシー路線で狙う再浮上

公開日:  更新日:

 紀伊国屋書店・新宿本店で11日、写真集「haruna3」の発売記念イベントを行った川口春奈(20)。2013年の2冊目に続く3冊目で、トップレスを思わせる大胆ショットや初めての下着姿も収録されている。初の“領域”にも川口は「全然平気でした。水着も下着も変わらないじゃないって思っていたし、抵抗はなかった。カメラマンさんと2人、無心で時を忘れて撮影しました。別に大変ではなかったです」とあっさり。イベント前日の10日に20歳を迎えただけあって、「大人」な対応だった。

「20歳ということで、できることの幅も広がるし、楽しみながら仕事も頑張りつつプライベートも楽しみたい」と語る川口だが、最近の「仕事の幅」はめっきり縮小。昨年1月にJR東日本のCM「ぜんぶ雪のせいだ。」が流行した頃まではまだ良かったが、女優として活動しているにもかかわらず、最後の映画出演は昨年7月公開の「幕末高校生」。連続ドラマも7月クールの「金田一少年の事件簿N(neo)」以来ゼロ。女優業は“開店休業”状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る