布陣万全なのになぜ? ドラマ「流星ワゴン」視聴率低迷の怪

公開日: 更新日:

 名作なだけに、寂しい数字が悪目立ちしてしまった。

 放送中のドラマ「流星ワゴン」(TBS系)。ダブル主演の西島秀俊(43)、香川照之(49)をはじめ、井川遥(38)、吉岡秀隆(44)ら豪華キャストが出演。演出は「半沢直樹」など人気ドラマを手掛ける福澤克雄氏と、万全の布陣で臨んでいる。

 原作は直木賞作家・重松清の同名小説で、累計発行部数130万部を突破する大ベストセラー。重松作品はこれまで多くがドラマ化されており、13年に放送された「とんび」(TBS系)は、天才子役の注目もあり、最終回に20.3%という高視聴率を叩き出した。

 しかし、今回の「流星ワゴン」は厳しい数字を突き付けられている。先月18日の初回は2時間スペシャルで放送したが、平均視聴率は11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第2回は11.7%と微増するも、今月1日放送の第3回は11.1%に逆戻りとなった。TBSの本音としては15%が目標だろう。

 今後、ドラマは原作と違った展開になるそうだが、巻き返しの秘策はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る