• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アタック25」新司会の谷原章介に「爽やか」「似合う」と待望論

 俳優の谷原章介(42)が12日、テレビ朝日の長寿クイズ番組「パネルクイズ アタック25」の新司会を務めることが明らかになった。同番組で名司会者として知られた故・児玉清らの後を継ぐ3代目を務めるにあたって、ファンから好意的な声が多数上がっている。

「アタック25」は1975年に番組をスタートさせて以来、名司会者として名を馳せた児玉らが人気を集め、4月5日に40周年を迎える。このタイミングで谷原を司会に起用して、番組に新しい風を吹き込む狙いだ。

 司会に抜擢された谷原も、2007年1月から現在まで「王様のブランチ」の2代目司会者を務めるなど、司会業のキャリアは十分。また、司会業を本格化するとき児玉にアドバイスをもらったという逸話を持ち、「アタック25」と遠からぬ縁を感じさせる。

 ネット上では、<爽やかに「アタックチャーンス!」うん、ありかもw><なんか妄想してみたらすごく似合う>と早くも番組の名ゼリフを叫ぶ谷原の姿を想像する声や、<私生活も充実してるし、超勝ち組だな谷原><堅い仕事をゲットしてしっかり子育てや!>と第6子出産を控える谷原へのエールも。<ブランチと掛け持ちじゃあ俳優業すら困難だろう>と多忙ぶりを心配する声も上がっている。

 一部では<博多華丸さんじゃないの?>と、児玉のモノマネを得意とするお笑い芸人・博多華丸が選ばれなかったことを残念がる声も上がっているものの、期待や心配の声を集め、ハマり役の予感を感じさせる谷原。春にどんな「アタックチャンス」を見せるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る