「アタック25」新司会の谷原章介に「爽やか」「似合う」と待望論

公開日:  更新日:

 俳優の谷原章介(42)が12日、テレビ朝日の長寿クイズ番組「パネルクイズ アタック25」の新司会を務めることが明らかになった。同番組で名司会者として知られた故・児玉清らの後を継ぐ3代目を務めるにあたって、ファンから好意的な声が多数上がっている。

「アタック25」は1975年に番組をスタートさせて以来、名司会者として名を馳せた児玉らが人気を集め、4月5日に40周年を迎える。このタイミングで谷原を司会に起用して、番組に新しい風を吹き込む狙いだ。

 司会に抜擢された谷原も、2007年1月から現在まで「王様のブランチ」の2代目司会者を務めるなど、司会業のキャリアは十分。また、司会業を本格化するとき児玉にアドバイスをもらったという逸話を持ち、「アタック25」と遠からぬ縁を感じさせる。

 ネット上では、<爽やかに「アタックチャーンス!」うん、ありかもw><なんか妄想してみたらすごく似合う>と早くも番組の名ゼリフを叫ぶ谷原の姿を想像する声や、<私生活も充実してるし、超勝ち組だな谷原><堅い仕事をゲットしてしっかり子育てや!>と第6子出産を控える谷原へのエールも。<ブランチと掛け持ちじゃあ俳優業すら困難だろう>と多忙ぶりを心配する声も上がっている。

 一部では<博多華丸さんじゃないの?>と、児玉のモノマネを得意とするお笑い芸人・博多華丸が選ばれなかったことを残念がる声も上がっているものの、期待や心配の声を集め、ハマり役の予感を感じさせる谷原。春にどんな「アタックチャンス」を見せるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る