木村拓哉ドラマ「アイムホーム」 視聴率は上戸彩&本妻頼み

公開日: 更新日:

 数々の作品で結果を出してきたキムタクだが、平成の視聴率男にも不安要素がないわけではない。

「同ドラマは04年に時任三郎主演で一度、NHKでドラマ化されている。始まったら時任と比べられるのは当然だし、同じ枠の『ドクターX』とも比較される。絶対にコケられないだけに、周囲は早くも『何がなんでも高視聴率を』と尋常じゃない意気込みです」(テレビ朝日関係者)

 そのため、ジャニーズ事務所サイドとしても今作は宣伝にかなり力が入っているという。

「『SMAP』の担当マネジャーのI女史が上戸彩の所属事務所に直接働きかけて積極的な宣伝プロモーションをお願いしたそうです。かつてだったらそんな低姿勢はありえませんが、I女史は週刊誌でメリー副社長から“公開説教”を食らい、事務所内のポジションが揺らいでいる。なりふり構っていられない」(事情通)

 キムタクの妻の工藤静香も最近はテレビで自宅を公開したり、積極的に家族のことを語るなど話題を提供し、夫を援護射撃。ドラマで妻役の上戸もこの分だと3月は宣伝プロモーションでてんてこ舞いのはずだ。結果次第ではキムタクの沽券に関わるこのドラマ。成否のカギは2人の「妻」が握っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  7. 7

    “東出不倫”で「スカーレット」八郎と三津の関係に批判噴出

  8. 8

    山形の老舗百貨店「大沼」自己破産を招いた3つの問題点

  9. 9

    進次郎「次の総理」急落 不倫騒動と側近のIR疑惑がWパンチ

  10. 10

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る