日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

木村拓哉ドラマ「アイムホーム」 視聴率は上戸彩&本妻頼み

 視聴率男のキムタクにしてみれば、「絶対に負けられない戦いがそこにはある」という心境ではないか。

 4月にスタートするテレビ朝日の連続ドラマ「アイムホーム」の主演が決まった「SMAP」木村拓哉(42)。同名原作マンガのドラマ化で、キムタクは妻と息子を持ち、事故で過去5年間の記憶を喪失した会社員を演じる。これまで夫役はあったものの、父親役は初挑戦となるキムタクは、結婚指輪をつける姿も初お披露目。妻役を務める上戸彩(29)ともドラマ初共演となる。

“初モノづくし”の作品に早くも注目が集まっているが、ギョーカイ内では別の意味でも注目されている。というのも、テレ朝の「木曜21時」はドラマの大ヒット枠。今回は「DOCTORS 最強の名医」シリーズを引き継ぐことになるが、同ドラマは11年と13年、2シリーズの平均視聴率が16.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。12年から昨年まで続いた「ドクターX~外科医・大門未知子」シリーズは3シリーズの平均視聴率が21.6%。3作目の最終回はキムタク主演のドラマ「HERO」を超える27.4%(シリーズ最高)を叩き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事