日テレ「スッキリ!!」にエース上重聡アナ投入の“大人の事情”

公開日: 更新日:

 今回の起用について上重アナは、「親友の松坂大輔投手と『今年はお互い新天地で勝負の一年だから頑張ろう』と誓い合いました」と意気込みをみせてはいたが、松坂の日本球界復帰同様、道は平坦ではない。

「視聴率的には健闘している『スッキリ!!』ですが、実は日テレ的には問題の多い番組だった。テリー伊藤や、かつてコメンテーターだった勝谷誠彦などに視聴者からのクレームが多いことも頭痛のタネだったが、何より経費が高く毎回赤字の連続。ギャラの高いテリー伊藤の降板も、ギャラのかからない局アナの起用も、経費削減の一環という見方が強い」(テレビ局関係者)

 ライバルの「とくダネ!」は高視聴率祝いに、キャスターの小倉智昭がポケットマネーでスタッフを温泉旅行に招待するなどイケイケムード。しかし「スッキリ!!」は局からの経費節減圧力も強く、制作スタッフのテンションは上がっていないという。「エースの孤軍奮闘」にならなければよいのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る