中年ランナーの星 鶴見辰吾は50歳でも「脱ぐと凄いボディー」

公開日: 更新日:

 15日に開催された「横浜マラソン」に出場した鶴見辰吾が、フルマラソン初挑戦にもかかわらず、3時間12分58秒という驚異的な記録で完走した。市民ランナーの間では「サブ4」と呼ばれる4時間以内での完走が夢とされる中、全マラソン選手で4%前後しか達成できないといわれる3時間以内の完走(サブ3)も目前という大記録。50歳、しかも初マラソンでの達成に、マスコミばかりではなく、1000万人ともいわれる市民ランナーを驚かせている。

 鶴見といえば、マラソンというより自転車好きで知られている。自宅のある横浜から都内のスタジオやロケ現場までの数十キロを平然と自転車で行き来する。自転車の活用を推進するNPO団体から、故・忌野清志郎の後を継ぐ「2代目自転車名人」を襲名し、今でも月平均2000キロをロードバイクで突っ走っている。ブログをのぞいても、自転車関連のカキコミの隙間に仕事の報告があるほどの入れ込みよう。そんな自転車オタクがなぜ、マラソンに挑戦したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る