中年ランナーの星 鶴見辰吾は50歳でも「脱ぐと凄いボディー」

公開日: 更新日:

 15日に開催された「横浜マラソン」に出場した鶴見辰吾が、フルマラソン初挑戦にもかかわらず、3時間12分58秒という驚異的な記録で完走した。市民ランナーの間では「サブ4」と呼ばれる4時間以内での完走が夢とされる中、全マラソン選手で4%前後しか達成できないといわれる3時間以内の完走(サブ3)も目前という大記録。50歳、しかも初マラソンでの達成に、マスコミばかりではなく、1000万人ともいわれる市民ランナーを驚かせている。

 鶴見といえば、マラソンというより自転車好きで知られている。自宅のある横浜から都内のスタジオやロケ現場までの数十キロを平然と自転車で行き来する。自転車の活用を推進するNPO団体から、故・忌野清志郎の後を継ぐ「2代目自転車名人」を襲名し、今でも月平均2000キロをロードバイクで突っ走っている。ブログをのぞいても、自転車関連のカキコミの隙間に仕事の報告があるほどの入れ込みよう。そんな自転車オタクがなぜ、マラソンに挑戦したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る