中年ランナーの星 鶴見辰吾は50歳でも「脱ぐと凄いボディー」

公開日:  更新日:

 15日に開催された「横浜マラソン」に出場した鶴見辰吾が、フルマラソン初挑戦にもかかわらず、3時間12分58秒という驚異的な記録で完走した。市民ランナーの間では「サブ4」と呼ばれる4時間以内での完走が夢とされる中、全マラソン選手で4%前後しか達成できないといわれる3時間以内の完走(サブ3)も目前という大記録。50歳、しかも初マラソンでの達成に、マスコミばかりではなく、1000万人ともいわれる市民ランナーを驚かせている。

 鶴見といえば、マラソンというより自転車好きで知られている。自宅のある横浜から都内のスタジオやロケ現場までの数十キロを平然と自転車で行き来する。自転車の活用を推進するNPO団体から、故・忌野清志郎の後を継ぐ「2代目自転車名人」を襲名し、今でも月平均2000キロをロードバイクで突っ走っている。ブログをのぞいても、自転車関連のカキコミの隙間に仕事の報告があるほどの入れ込みよう。そんな自転車オタクがなぜ、マラソンに挑戦したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る