すれ違い? スザンヌ離婚は“カネの切れ目が縁の切れ目”か

公開日: 更新日:

 永遠の愛を誓っても現実はこんなものだ。

 タレントのスザンヌ(28)が元ソフトバンク投手で現在は野球評論家の斉藤和巳氏(37)との離婚を発表した。2人は2011年12月に結婚。14年1月には第1子となる男児が誕生したが、わずか3年あまりで離婚。スザンヌは1歳の子供を抱えてシングルマザーの道を歩むことになる。

 原因については双方とも、仕事が福岡と東京で離れてしまい遠距離生活によるすれ違いをあげていたが、「ようはお金の問題でしょう」というのは福岡事情に詳しい芸能リポーターだ。

「斉藤は現役時代の貯金があるにしろ、コーチとして球団に養ってもらっていた時代はともかく、今は地元テレビ局とスポーツ紙の解説者くらいしか仕事がない。カフェも経営していますが利益は知れたものです。家で昼間から190センチもある大男がゴロゴロしていたらスザンヌだって気がめいりますよ。そこでスザンヌが乳飲み子を抱えて東京に出稼ぎに行き始めた。東京ならママタレとしてのニーズもありますからね。結果、顔を合わせる時間が減って関係もギクシャク。離婚は自明のことでした」

 今どきは、男を立てることで知られる九州女(スザンヌは熊本出身)でも我慢してまで結婚生活を送るという“美徳”は廃れてしまったらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る