• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「ズタボロ」主演の永瀬匡が語る「今回の役は自分とかぶる」

 不良と暴走族が跋扈した1980年代初頭、学生時代を過ごした中高年には懐かしいかもしれない。作家ゲッツ板谷(50)が立川で喧嘩に明け暮れた高校時代を描いた自伝的小説の映画化「ズタボロ」(橋本一監督)だ。学ランの主人公コーイチを演じる若手注目株、永瀬匡(22)に聞いた。

■作品を見たとき、これって俺じゃん!

「俺たちは誰にも媚びねえ。俺たちが最高だろ?」とコーイチは粋がり、暴走族やヤクザ相手に喧嘩して文字通りズタボロになる。最近の青春映画にない、熱く血なまぐさいシーンの連続は約3週間、みっちり訓練して臨んだ。

「喧嘩のシーンの撮影は、普通のお芝居とは違うドキドキというか、緊張感の連続でした。このパンチが当たったら、撮影が止まるなっていうハラハラがあって、実際、顔にパンチをもらって腫れてしまい、(病院送りになって)撮影を飛ばしてしまったこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る