映画「ズタボロ」主演の永瀬匡が語る「今回の役は自分とかぶる」

公開日:  更新日:

 不良と暴走族が跋扈した1980年代初頭、学生時代を過ごした中高年には懐かしいかもしれない。作家ゲッツ板谷(50)が立川で喧嘩に明け暮れた高校時代を描いた自伝的小説の映画化「ズタボロ」(橋本一監督)だ。学ランの主人公コーイチを演じる若手注目株、永瀬匡(22)に聞いた。

■作品を見たとき、これって俺じゃん!

「俺たちは誰にも媚びねえ。俺たちが最高だろ?」とコーイチは粋がり、暴走族やヤクザ相手に喧嘩して文字通りズタボロになる。最近の青春映画にない、熱く血なまぐさいシーンの連続は約3週間、みっちり訓練して臨んだ。

「喧嘩のシーンの撮影は、普通のお芝居とは違うドキドキというか、緊張感の連続でした。このパンチが当たったら、撮影が止まるなっていうハラハラがあって、実際、顔にパンチをもらって腫れてしまい、(病院送りになって)撮影を飛ばしてしまったこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る