「ビリギャル」ヒットで証明 有村架純は“あま女優”で一人勝ち

公開日: 更新日:

「あまちゃん」出身女優は、今や有村架純(22)の“一人勝ち”状態だ。

 有村が金髪ギャルの主人公を演じる映画「ビリギャル」が大ヒットしている。今月1日から全国284スクリーンで公開されるやオープニングの週末2日間で22万人以上を動員。「どの劇場も中高生や家族連れを中心に満員御礼。最終的な興収は20億円以上を見込めます」(興行関係者)というからスゴイ話である。

 しかも、映画には有村以外は先生役の伊藤淳史、母親役の吉田羊と父親役の田中哲司くらいしか有名俳優は出演しておらず、また、意匠を凝らしたスタジオでの撮影もなし。

「ギャラの高い俳優は一人もいないし、ほとんどが学校、塾、屋外で撮影されているため製作費はかなり安く上がったはず」(映画関係者)

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」というベストセラーが下敷きにあったにせよ、主人公である有村の魅力ひとつで最後まで観客をスクリーンに引きつけているのだから立派なものである。

 NHK朝ドラ「あまちゃん」では主演の能年玲奈、橋本愛に次ぐ3番手以下のポジションだったが、今や映画、ドラマ、CMと大人気なのは周知の通り。能年も橋本もまだ映画を当てた実績はないだけに、「ビリギャル」のヒットは有村の才能がホンモノであることの証左といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る