• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大木凡人は4歳も…なぜ?「年齢サバ読み」芸能人たちの事情

 タレントの大木凡人(69)が「大動脈解離」の難手術から生還していたことが19日分かったが、同時に話題になっているのが健康保険証から発覚した実年齢。65歳と公表していた大木は、4歳もサバを読んでいたことが一部で報じられた。14歳離れた妻との結婚を義父に認めてもらうためだったという。

 同様のケースでは、認知症を患っていることが今月発覚した声優の大山のぶ代(81)も3歳若く公称していた。夫で俳優の砂川啓介(78)が会見で、結婚当時は姉さん女房に抵抗があった時代だったと話し、「(大山が)うちの両親に配慮した結果、そうなった」と説明した。

 年齢サバ読みは芸能界では当たり前のこと。とはいえ、事情は各人さまざまだ。

 2012年にはグラドルの手島優(32)が2歳、翌13年にはタレントの真鍋かをり(34)が1歳サバを読んでいたことを公表した。2人とも「デビュー当時、事務所に勧められた」というのが理由だった

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る