年齢サバ読み 成人式に2回出席した 安西ひろこ

公開日:  更新日:

<2000年1月>

 2000年1月10日、ミレニアムの新成人は全国で164万人。芸能界でも奥菜恵、竹内結子やともさかりえ、浅田好未(パイレーツ)などの面々が晴れて大人の仲間入りをした。その中に女子高生のカリスマモデルとして活躍し、ポスト浜崎あゆみとも呼ばれた安西ひろこもいた。

 安西の誕生日は2月9日。「着物を着るとおしとやかになりますね」と語り、ラメが織り込まれた紫の振り袖に身を包み「車の免許をとる。バラエティー以外に歌も演技も頑張りたい」「20歳になったらお酒を飲んでみたい」と抱負を語った。

 1カ月後の誕生日には写真集「最後の蒼」も発売されて、添付資料には「記念すべき20歳の誕生日」「10代最後のメモリアル的な写真集」とうたわれていた。

 しかし、安西は1年も前に20歳の誕生日を迎えていたことが写真週刊誌で暴露される。誕生日は確かに2月9日だが、80年ではなく79年。安西の1年後輩で、一緒によく遊んでいたという地元の友人は写真誌のインタビューで「デビューしてから彼女のプロフィルを見たら同じ年になってるんでびっくり」「彼女が年をごまかしているのは地元ではみんな知っている有名な話。晴れ着姿の彼女を見てテレビで笑っていました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る