年齢サバ読み 成人式に2回出席した 安西ひろこ

公開日: 更新日:

<2000年1月>

 2000年1月10日、ミレニアムの新成人は全国で164万人。芸能界でも奥菜恵、竹内結子やともさかりえ、浅田好未(パイレーツ)などの面々が晴れて大人の仲間入りをした。その中に女子高生のカリスマモデルとして活躍し、ポスト浜崎あゆみとも呼ばれた安西ひろこもいた。

 安西の誕生日は2月9日。「着物を着るとおしとやかになりますね」と語り、ラメが織り込まれた紫の振り袖に身を包み「車の免許をとる。バラエティー以外に歌も演技も頑張りたい」「20歳になったらお酒を飲んでみたい」と抱負を語った。

 1カ月後の誕生日には写真集「最後の蒼」も発売されて、添付資料には「記念すべき20歳の誕生日」「10代最後のメモリアル的な写真集」とうたわれていた。

 しかし、安西は1年も前に20歳の誕生日を迎えていたことが写真週刊誌で暴露される。誕生日は確かに2月9日だが、80年ではなく79年。安西の1年後輩で、一緒によく遊んでいたという地元の友人は写真誌のインタビューで「デビューしてから彼女のプロフィルを見たら同じ年になってるんでびっくり」「彼女が年をごまかしているのは地元ではみんな知っている有名な話。晴れ着姿の彼女を見てテレビで笑っていました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る