年齢サバ読み 成人式に2回出席した 安西ひろこ

公開日: 更新日:

<2000年1月>

 2000年1月10日、ミレニアムの新成人は全国で164万人。芸能界でも奥菜恵、竹内結子やともさかりえ、浅田好未(パイレーツ)などの面々が晴れて大人の仲間入りをした。その中に女子高生のカリスマモデルとして活躍し、ポスト浜崎あゆみとも呼ばれた安西ひろこもいた。

 安西の誕生日は2月9日。「着物を着るとおしとやかになりますね」と語り、ラメが織り込まれた紫の振り袖に身を包み「車の免許をとる。バラエティー以外に歌も演技も頑張りたい」「20歳になったらお酒を飲んでみたい」と抱負を語った。

 1カ月後の誕生日には写真集「最後の蒼」も発売されて、添付資料には「記念すべき20歳の誕生日」「10代最後のメモリアル的な写真集」とうたわれていた。

 しかし、安西は1年も前に20歳の誕生日を迎えていたことが写真週刊誌で暴露される。誕生日は確かに2月9日だが、80年ではなく79年。安西の1年後輩で、一緒によく遊んでいたという地元の友人は写真誌のインタビューで「デビューしてから彼女のプロフィルを見たら同じ年になってるんでびっくり」「彼女が年をごまかしているのは地元ではみんな知っている有名な話。晴れ着姿の彼女を見てテレビで笑っていました」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る