ガラパゴス化脱却へ 「日本映画」今年のカンヌの“収穫高”は?

公開日:  更新日:

 第68回カンヌ国際映画祭は日本時間の25日未明、最高賞パルムドールにジャック・オーディアール監督の「ディーパン」(仏)を選び、閉幕した。

 期待された是枝裕和監督の「海街diary」は無冠に終わり、寂しい結果となったが、今年は日本からも有名どころの俳優陣がゾクゾクと現地入り。レッドカーペットを闊歩する様子が伝えられた。

 ハリウッド俳優ならまだしも、これだけ多くの日本人俳優が国際映画祭に参加するのは「非常に珍しい」(映画関係者)という。

 では、日本映画で収穫はあったのか。2人の専門家は揃って「ある視点」部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」の黒沢清監督を評価する。

「『ある視点』は『パルムドール』に次ぐ権威あるコンペ。パルムドールが王道なら、ある視点は個性や斬新さが求められる。もともと国際的に評価の高い黒沢監督ですが、今回の受賞は一流の監督としてさらに箔を付ける格好になった」(映画批評家の前田有一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る