盗難被害も宣伝に? 神田うの“イベント日に報告”の商売上手

公開日:  更新日:

「通常のイベントの呼び込みでこれほど多くのリポーターやマスコミが集まることはありません。ネットメディア、新聞各紙、ワイドショーの露出を考えたら宣伝効果は計りしれません」(PR会社スタッフ)

 2日、神田うの(40)が自身のウエディングドレスブランド「シェーナ・ドゥーノ」の新作発表会に登場。もちろん、大挙して詰めかけたマスコミの関心は、この日発売の女性誌「女性自身」に掲載された家政婦による窃盗被害のことである。

 同誌でうのは、長女(3)のベビーシッターだった女(60)に約3000万円相当のブランド品や貴金属を盗まれていたことを告白。犯人は雇っていた4人のシッターの中で一番の古株で、うののことを「ママ」と呼び、一緒に飲みに行くほどの仲だったとか。

 この日も「娘が一番懐いていた」「一番信頼していた方なのでまったく疑っていなかった。逆に(盗難の)相談をしていたし、『私の(お金)も1枚、2枚となくなっている』と言っていた」と涙ながらに明かし、当初、この女は「あの外国人シッターが怪しい」と被害者を装っていたというから盗っ人たけだけしい話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る