クビ覚悟で決行も 愛之助を襲い続ける熊切の“愛の自爆テロ”

公開日: 更新日:

 現在、大阪松竹座に出演中の愛之助は終演後、所属事務所の担当者が「別れ話をしたと聞いているが、これ以上話しても水掛け論になる」と語っていたが、「熊切の自爆テロは第2弾、第3弾がある」というのは芸能リポーターだ。

「熊切はある意味、ピュアだけに厄介。裏切られた反動で次の行動が読めません。いざとなったら事務所が止めてもクビを覚悟で発言を続けるでしょう。ニコニコ動画の収録現場には女性週刊誌の記者やフリーの芸能リポーターも立ち会っていたので、それらの媒体で熊切がインタビューに応じるのは間違いない。交際していた2年半の間に知った愛之助や歌舞伎界の秘密をネタにワイドショーや週刊誌に出まくるはず」

 もっとも、自爆テロのきっかけは愛之助と藤原紀香の“火遊び”だけに同情できない一面も……。熊切は確信犯なだけに、対応を誤れば愛之助は何度も火だるまになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る