• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒモ夫」報道も 水嶋ヒロの“好評インスタ”やっぱり絢香頼み

 歌手の絢香(27)が19日、第1子となる女児を出産したことを発表した。母子ともに健康で、11月には早くもツアーで仕事復帰を予定。公私ともに順風満帆の様子だ。

 それに引き替え、見劣りしてしまうのが夫で俳優の水嶋ヒロ(31)。2009年4月に結婚を発表すると、その影響か、俳優としての仕事は激減。10年10月には「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞して華々しく作家デビューしたものの、いまだ目立った著作活動はない。

 14年1月には俳優としての復活が期待された主演映画「黒執事」が公開されたが、その後が続かない。今年4月には、生活費のほぼ全てを妻・絢香が稼ぎ出しているとみられるとして、“ヒモ化”を指摘する一部報道もあり、お世辞にも順調とは言い難い状況だ。

 そんな中、水嶋にとって唯一と言っていいほど好調なのが動画投稿SNS「インスタグラム」。約44万人のフォロワーを抱える水嶋のインスタグラムには、写真をアップするたびに万単位の「いいね!」が集まるなど、ファンからの評判は上々だ。絢香出産の報道と同時に、第1子の手を写した投稿にも12万件以上の「いいね!」がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る