「マッドマックス」30年ぶり新作に“シリーズ最高傑作”の評も

公開日:  更新日:

 先週20日に公開された映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。30年ぶりのシリーズ最新作とかいわれてもねぇ~と、侮るなかれ。今年3月に古希を迎えたジョージ・ミラー監督、見事な狂い咲きである。

 映画批評家の前田有一氏がこう言う。

「今作を見てつくづく感じたのが、同シリーズは主人公の魅力以上に、世界観そのものだということ。世紀末に弱き者たちが無法な暴力や権力に対し、反撃の一手をくらわす冒険活劇は見ている者の心をスカッとさせてくれます。15年もの時をかけ、是が非でも世に出すという監督の執念から生まれたこの作品は、無駄な描写がなく研ぎ澄まされたものに。間違いなくシリーズ最高傑作でしょう」

 冒頭から全編、アクションに次ぐアクション。荒廃した近未来の地球を舞台に脱走を企てた片腕の女戦士(シャーリーズ・セロン)率いる5人の美女と、主人公のマックス(トム・ハーディ)が共闘するのだが、何もかもがド派手で過剰。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る