手越祐也にメンバー冷ややか…NEWSに吹き始めた解散風

公開日:  更新日:

 メンバーの手越祐也(27)とAKB48の柏木由紀(23)の“抱擁写真”が週刊誌で報じられたジャニーズ事務所の4人組「NEWS」。

「柏木とのスキャンダルはジャニーズの広報担当がマスコミ各社にクギを刺して後追いさせなかった。というのも、直後にNEWSの東京ドーム公演が控えていたからです」(ワイドショー関係者)

 その甲斐あってか、手越はドーム公演で何事もなかったかのように「みんなのダーリン、手越です」とあいさつしてファンに投げキッスを連発。会場を沸かせていたが、もともと、NEWSは03年の結成時は9人。しかし、メンバーが問題を起こすなどして次々と脱退し、いつの間にか4人に。そんな経緯もあり、今や芸能界の“スキャンダル王”と呼ばれても仕方がない手越に他のメンバーが冷ややかな視線を送っているという。

「加藤シゲアキはこれまで4作の小説を上梓。最近は、文壇の人脈づくりに余念がなく、作家専業を望んでいる。リーダーの小山慶一郎は月~木の週4回『news every.』のキャスターをつとめているが、報道の仕事の面白さに目覚め、最近は積極的に時事ネタを調べるなどキャスター専念を望んでいるという。そんな2人にすれば、好き勝手遊び回る手越は宇宙人のような存在で、歩調をそろえるのは難しい。そのため、事務所内では解散話も冗談ではなく語られるようになったとか」(芸能プロ関係者)

 新曲「チュムチュム」の売り上げは好調のようだが、足元から“解散風”が吹き始めたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る