日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞台で10月再始動の上原多香子は恋も“リスタート”の可能性

 10月に池袋のサンシャイン劇場で上演される舞台「くちづけ」で、芸能活動を再開させる、と自身のブログで発表した。「くちづけ」は俳優兼演出家の宅間孝行が手がける舞台「タクフェス」の第3弾。知的障害者とその家族をコミカルに描いた作品だ。

 上原は昨年9月、ミュージシャンの夫・TENNさんが自殺(享年35)した後、活動を休止していた。活動休止の直前まで仕事をしていたのが、「タクフェス」第2弾の舞台「夕―ゆう―」で、7~9月に全国を回っていた。

 上原は「夕―ゆう―」の前年の13年、「タクフェス」第1弾を見て興味をもち、「機会があればぜひご一緒したい」と宅間にアピール。宅間からすぐにオファーがきて、「夕―ゆう―」が実現したというわけだ。「夕―ゆう―」は、12年8月に結婚し、大阪に拠点を移した上原にとって、本格的な仕事復帰となった作品。また、初めてのストレートプレーだったが、充実していたようで「楽しくて嬉しくて、幸せ」とブログに書き込むほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事