「音として聞き取れた」湯川れい子氏が語ったつんく♂の回復

公開日: 更新日:

「今までとはスケール感が違う。メロディーを聴いただけで涙してしまった。この曲にどんな言葉をつけたらいいのか、ある種のプレッシャーを感じました」

 今回の新曲の手ごたえについてこう語ったのは日刊ゲンダイ本紙連載でもおなじみ、音楽評論家で数々のヒット曲を生み出してきた作詞家の湯川れい子氏(79)だ。音楽プロデューサーのつんく♂(46)が作曲、湯川氏が作詞を担当した「うまれてきてくれて ありがとう」(9月2日発売)。同曲はビッグネームがタッグを組んだだけに、以前から話題を呼んでいた。

 湯川氏が会長を務める「NPO法人日本子守唄協会」創立15周年を記念して制作された子守唄で、つんく♂に作曲とプロデュースをオファーしたという。21日に行われた「次世代に歌い継ぐ子守唄プロジェクト」制作発表会見で初のお披露目となり、歌唱を担当するクミコ(60)がしっとりと歌い上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る