日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「音として聞き取れた」湯川れい子氏が語ったつんく♂の回復

「今までとはスケール感が違う。メロディーを聴いただけで涙してしまった。この曲にどんな言葉をつけたらいいのか、ある種のプレッシャーを感じました」

 今回の新曲の手ごたえについてこう語ったのは日刊ゲンダイ本紙連載でもおなじみ、音楽評論家で数々のヒット曲を生み出してきた作詞家の湯川れい子氏(79)だ。音楽プロデューサーのつんく♂(46)が作曲、湯川氏が作詞を担当した「うまれてきてくれて ありがとう」(9月2日発売)。同曲はビッグネームがタッグを組んだだけに、以前から話題を呼んでいた。

 湯川氏が会長を務める「NPO法人日本子守唄協会」創立15周年を記念して制作された子守唄で、つんく♂に作曲とプロデュースをオファーしたという。21日に行われた「次世代に歌い継ぐ子守唄プロジェクト」制作発表会見で初のお披露目となり、歌唱を担当するクミコ(60)がしっとりと歌い上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事