「音として聞き取れた」湯川れい子氏が語ったつんく♂の回復

公開日:  更新日:

「今までとはスケール感が違う。メロディーを聴いただけで涙してしまった。この曲にどんな言葉をつけたらいいのか、ある種のプレッシャーを感じました」

 今回の新曲の手ごたえについてこう語ったのは日刊ゲンダイ本紙連載でもおなじみ、音楽評論家で数々のヒット曲を生み出してきた作詞家の湯川れい子氏(79)だ。音楽プロデューサーのつんく♂(46)が作曲、湯川氏が作詞を担当した「うまれてきてくれて ありがとう」(9月2日発売)。同曲はビッグネームがタッグを組んだだけに、以前から話題を呼んでいた。

 湯川氏が会長を務める「NPO法人日本子守唄協会」創立15周年を記念して制作された子守唄で、つんく♂に作曲とプロデュースをオファーしたという。21日に行われた「次世代に歌い継ぐ子守唄プロジェクト」制作発表会見で初のお披露目となり、歌唱を担当するクミコ(60)がしっとりと歌い上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る