• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

笹崎里菜アナにダメ出し連発…裏に日テレの「育成方針」変更

 今年4月に入社した日本テレビの新人アナウンサーが早くも活躍中だ。

 26日は「笑点」に笹崎里菜アナ(23)と尾崎里紗アナ(22)が、水卜麻美ら先輩アナとともに出演。笹崎は「入社1年目の笹崎里菜です。昇天(!?)しないように頑張ります」と番組名に引っ掛けて挨拶。尾崎も隣に座った林家たい平と初々しいトークを弾ませていた。

 2015年入社のアナウンサーは笹崎と尾崎と男性の平松修造アナの3人だが、実は社内のアナウンサー育成方針が前年までとは大幅に変更になっているという。

 日テレは他局と比べてアナウンサーの発声や姿勢など、とにかく厳しい指導で知られていたが……。

「これまでは一人前になるまで画面に出さなかったが、今年はあえて指導過程の未熟な姿もカメラで追って話題にしようという作戦です。6月から同期3人で『笑ってコラえて!』の企画『1年たったらこうなりましたの旅』がスタート。笹崎は入社26年目の大先輩、豊田順子アナに原稿読みでコッテリとダメ出しをされて、何度も自分の名前を言わされるぶざまな姿をお茶の間にさらしました。銀座のクラブホステスのバイト歴を理由に一度は内定を取り消されるなどすったもんだありましたが、入社後は本人の明るい性格と度胸と上昇志向の強さが評価されている。編成は1年後に大物司会者と組ませてバラエティーMCとしてデビューさせる腹積もりのようです」(日テレ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る