高1で作家を意識 “早熟の天才”羽田圭介氏「芥川賞」への軌跡

公開日:  更新日:

 ピース・又吉の芥川賞で存在がかすんでしまったが、変わり種という意味では“又吉じゃない方”の受賞者、羽田圭介氏(29)だって負けていない。

 受賞の吉報は銀座のカラオケボックスで作家仲間と一緒に待ち、「決定」の際は聖飢魔Ⅱの「WINNER!」を歌おうと、デーモン閣下の白塗りメークをしてスタンバイした。受賞の知らせに慌ててメークを落として駆けつけ、会見では「プロの方に選んでもらう賞で受賞できてうれしい」と喜んだ。

 受賞作「スクラップ・アンド・ビルド」は、28歳の無職の孫と87歳の要介護の祖父との日常を描いた物語。月3回愚痴を聞きに行く要介護の祖母の実体験からひらめいた。「相手の顔が見える状態で、異なる価値観の相手にどういう行動を起こすのかを書きたかった」という。

 1985年10月、東京都生まれ。文章に興味を持ったのは、中学受験で塾に通った小5の時。夏休み、朝日新聞の天声人語の要約の日課をやらされるうち、4~5行でまとめる成功体験からハマった。埼玉の自宅から明治大学付属明治中学へ通う通学時間を読書に充てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る