日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

27時間テレビでBMWを公然破壊…実は“常習犯”フジの落とし前

 フジテレビ制作陣は想像力を働かせるのがとことん苦手らしい。全国の系列局とフジが先週末に放送した「FNS27時間テレビ2015」での蛮行が物議を醸している。

 コトの経緯はこうだ。25日深夜帯のコーナーで、「平成ノブシコブシ」吉村崇(35)の所有する高級外車「BMW i8」(約2000万円)が突然スタジオに運び込まれ、同僚のお笑い芸人たちにちゃかされる中、吉村が相方の徳井健太(34)とともにあえて車体を叩いたり、足蹴りしたり“強がる”演出がなされた。この悪ふざけはどんどんエスカレートし、しまいには車の上に全身ダイブ。フロントガラスにひびが入ってしまったのだ。

 当事者の吉村は、29日に行われた「くるまマイスター検定主催 日本ベスト・カー・フレンド」授賞式の席で「車好きの皆さん、申し訳ありませんでした」と謝罪していたが、最大の被害者は自動車メーカーだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事