能町みね子氏 報道後も「真意伝わっていない」と嘆きツイート

公開日:  更新日:

 エッセイストの能町みね子氏(36)が14日、一部メディアの報道を受けた世間の反応に「真意が伝わっていない」とツイートした。

 報道は、4日放送のバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、能町氏がオネエタレントの1人として紹介されたことに抗議したとするもの。能町氏は07年1月にタイで性別適合手術を受け、3カ月後に戸籍を男性から女性に変更。「オネエという表現は、差別に受け取れます」「ひとくくりにしてほしくない」と番組側に訂正を求めたという。

 この日、ツイッターを更新した能町氏は、「『オカマはよくてオネエはダメ』とか『オネエと一緒くたにするな』とかいう話じゃなく」と、誤解が広がっていることを示唆。「『俺、デブです』って自分で言うのは勝手だけど他人を『あのデブの人』って呼ぶのは失礼すぎるだろって話です」と説明している。

 能町氏は同番組の放送直後からツイッター上でこの件について言及しており、ネットメディアに報じられるなどしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る