能町みね子氏 報道後も「真意伝わっていない」と嘆きツイート

公開日: 更新日:

 エッセイストの能町みね子氏(36)が14日、一部メディアの報道を受けた世間の反応に「真意が伝わっていない」とツイートした。

 報道は、4日放送のバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、能町氏がオネエタレントの1人として紹介されたことに抗議したとするもの。能町氏は07年1月にタイで性別適合手術を受け、3カ月後に戸籍を男性から女性に変更。「オネエという表現は、差別に受け取れます」「ひとくくりにしてほしくない」と番組側に訂正を求めたという。

 この日、ツイッターを更新した能町氏は、「『オカマはよくてオネエはダメ』とか『オネエと一緒くたにするな』とかいう話じゃなく」と、誤解が広がっていることを示唆。「『俺、デブです』って自分で言うのは勝手だけど他人を『あのデブの人』って呼ぶのは失礼すぎるだろって話です」と説明している。

 能町氏は同番組の放送直後からツイッター上でこの件について言及しており、ネットメディアに報じられるなどしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る