柳ゆり菜 AKB勢抑えた“グラビア女王”の涙ぐましい体形管理

公開日: 更新日:

「あれだけ徹底していたらクイーンも納得か」――。

 朝ドラ「マッサン」で人気者になったグラドル・柳ゆり菜(21)が「週刊プレイボーイ」が調査した「表紙登場回数ランキング」で今年上半期の1位に輝いた。同誌が初めて調査したランキングで、柳は「週刊ヤングマガジン」など他誌も含めて13回、表紙に起用されたという。ちなみに2位は橋本マナミ(12回)、3位はHKTの宮脇咲良(10回)だったという。

 この結果を受けて柳は「もともとぽっちゃり体形だっただけに、自分が一番驚いています」と答えたが、なんのなんの、周囲に聞くとその節制ぶりは並大抵ではないという。まずはカロリー対策だ。

「仕事が不規則なうえ、ロケ弁などもあるため1食ごとに気にしていても意味がないので、3日単位でカロリー計算をしているそうです。その上で、朝は白湯だけ、夜は炭水化物を取らないと決めている。さらに寝るときは食欲を抑えるためコルセットを巻いているそうです」(事務所関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る