柳ゆり菜 AKB勢抑えた“グラビア女王”の涙ぐましい体形管理

公開日: 更新日:

「あれだけ徹底していたらクイーンも納得か」――。

 朝ドラ「マッサン」で人気者になったグラドル・柳ゆり菜(21)が「週刊プレイボーイ」が調査した「表紙登場回数ランキング」で今年上半期の1位に輝いた。同誌が初めて調査したランキングで、柳は「週刊ヤングマガジン」など他誌も含めて13回、表紙に起用されたという。ちなみに2位は橋本マナミ(12回)、3位はHKTの宮脇咲良(10回)だったという。

 この結果を受けて柳は「もともとぽっちゃり体形だっただけに、自分が一番驚いています」と答えたが、なんのなんの、周囲に聞くとその節制ぶりは並大抵ではないという。まずはカロリー対策だ。

「仕事が不規則なうえ、ロケ弁などもあるため1食ごとに気にしていても意味がないので、3日単位でカロリー計算をしているそうです。その上で、朝は白湯だけ、夜は炭水化物を取らないと決めている。さらに寝るときは食欲を抑えるためコルセットを巻いているそうです」(事務所関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る