ネットの声は手厳しかった…Mステ初登場「初音ミク」に賛否

公開日:  更新日:

 10時間にわたって生放送された23日の「MUSIC STATION ウルトラ FES」(テレビ朝日)。30年目に突入したことを記念した今回の特番には、多数の大物ゲストが駆けつけた。そうした中、ひときわ異彩を放っていたのが、番組に初出演したバーチャル美少女歌手の「初音ミク」だ。

 2007年の発表直後からネット上で高い人気を獲得しただけあって、初音ミクの映像が投影された特設スタジオはファンが熱心にサイリウムを振るなど大盛況。ツイッターでは「初音ミク」がトレンド入りするなど多数の視聴者が放送を見て盛り上がったことが分かった。

 しかし、今回の初音ミク出演について、ネット上では意外にも賛否が入り乱れる展開に。

<ミクさん可愛いかった><次は紅白かな?>といった歓迎の声の一方で、<歌手の立場がない><場違い感がハンパなかった>と、バーチャル歌手への違和感をぬぐいきれない意見も目立った。美少女キャラの登場に微妙な空気が流れたお茶の間も多かったようで、家族に初音ミクを知っているかを聞かれ、<オレは知らないを突き通した>なんて声もある。

 また、楽曲終了後にスタジオの画面が切り替わった際、司会のタモリ(70)の表情が一瞬こわばっていたことに気付いた視聴者からは、<終わった時のタモリの顔が全てを物語っていた>との指摘もあった。

 バーチャル歌手が受け入れられる日はまだまだ遠い!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る