月9石原さとみの英語にウィッキーさん「発音いい」と太鼓判

公開日:  更新日:

 山下智久(30)&石原さとみ(28)主演のドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(月曜21時、フジテレビ系)が好調だ。決してセンスのいいタイトルとは言えないが、今週3話目までの放送を終え、同局の10月期クールで唯一2ケタの視聴率をキープしている。

 物語は石原演じる人生最大のモテ期が訪れた英会話学校非常勤講師が、お坊さん(山下)から猛アタックを仕掛けられるラブコメディー。人気の理由はジャニーズ山下のファン票もあるが、石原をヒロインに起用したのがデカい。ここ2、3年でコメディエンヌとしての頭角をメキメキと現し、初の月9主演でもプレッシャーを感じるどころか、まるで水を得た魚のようである。そんな彼女の英語のセリフは聞きどころのひとつ。7年前には映画のPRで来日したカナダ人女優エレン・ペイジに会見の場で流暢な英語で質問し、隠れた実力を見せつけたこともある。偏差値70の創価高卒。2010年の年末にNYへの1カ月間の語学留学で弾みをつけ、現在は英会話イーオンのキャラクターを務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る