今や野球は地方コンテンツ キー局「日本S」視聴率完敗の理由

公開日:  更新日:

 ラグビーの五郎丸歩の始球式で幕を開けた日本シリーズはソフトバンクの優勝で終わった。

 同シリーズはペナントレースではほとんどなくなったナイター地上波中継が行われた。放送する局の視聴率対決はどうだったか? 初戦のTBSが9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、2戦目のテレビ東京は7.3%! 3戦目のフジは9.4%。4戦目のフジはやっと10%を超えて12.5%、5戦目のフジが12.3%。どの日も裏番組に強い特番があったわけでもないのに、3戦目まではどの局もメタメタだ。

 ところが、ソフトバンクの地元・福岡を含む北部九州地区は初戦29.9%(RKB毎日放送)、2戦目24.4%(TVQ九州放送)と高く、初戦の21時31分には37.2%! そういえば、2年前の楽天優勝時は東北でも高視聴率だった。

 今や野球が地方(地元)コンテンツであることを物語る数字だ。東京ヤクルトは“東京”のチームだが、東京は娯楽が多すぎるし、約半数(それ以上?)が地方出身者だから、地元密着感が乏しすぎる。実はそのヤクルト、広岡監督のもとでシリーズ初出場した78年の第7戦で45.6%(!)を記録。現在でも日本シリーズ最高視聴率だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る