今や野球は地方コンテンツ キー局「日本S」視聴率完敗の理由

公開日: 更新日:

 ラグビーの五郎丸歩の始球式で幕を開けた日本シリーズはソフトバンクの優勝で終わった。

 同シリーズはペナントレースではほとんどなくなったナイター地上波中継が行われた。放送する局の視聴率対決はどうだったか? 初戦のTBSが9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、2戦目のテレビ東京は7.3%! 3戦目のフジは9.4%。4戦目のフジはやっと10%を超えて12.5%、5戦目のフジが12.3%。どの日も裏番組に強い特番があったわけでもないのに、3戦目まではどの局もメタメタだ。

 ところが、ソフトバンクの地元・福岡を含む北部九州地区は初戦29.9%(RKB毎日放送)、2戦目24.4%(TVQ九州放送)と高く、初戦の21時31分には37.2%! そういえば、2年前の楽天優勝時は東北でも高視聴率だった。

 今や野球が地方(地元)コンテンツであることを物語る数字だ。東京ヤクルトは“東京”のチームだが、東京は娯楽が多すぎるし、約半数(それ以上?)が地方出身者だから、地元密着感が乏しすぎる。実はそのヤクルト、広岡監督のもとでシリーズ初出場した78年の第7戦で45.6%(!)を記録。現在でも日本シリーズ最高視聴率だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る