「下町ロケット」演技光る 吉川晃司の新境地と芸能界最強伝説

公開日: 更新日:

「個人事務所をおこして自ら切り盛りするなど、世間の荒波に揉まれてから、随分円くなった。女優の石原真理子、天海祐希らと熱愛も、結婚しないロッカーを標榜。だが、東日本大震災後にボランティア活動に参加し、家族の大切さを痛感。2年間秘密にしていた妻子を公表、入籍している。今や6歳の愛娘にメロメロのあま~いパパに」(女性誌記者)

 板前の父親に料理を仕込まれた。築地で魚を買い出し、マイ包丁で魚をさばいて調理するプロ級の腕だ。来年1月には、映画「さらば あぶない刑事」の公開、3月からはNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」の放送が控えている。自他共に認める中国史オタク。芸能界一の蔵書と知識を誇る「三国志」マニア。

 65歳で引退、中国史本執筆が夢だが、円熟味の増した演技の再評価で、楽隠居は当分、先だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  7. 7

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  8. 8

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る