反町隆史に吉川晃司も…人気秋ドラマ共通点は「顔芸」にあり

公開日:  更新日:

「相棒」「下町ロケット」「偽装の夫婦」など秋ドラマの“勝ち組”が徐々に見えてきているが、そんな中、勝ち組ならではの共通点が見えてきた。ズバリ「顔芸」だ。

 まず、秋ドラマのトップをひた走る「相棒」。1話放送後、本紙も書いた通り4代目相棒、反町隆史(41)のオーバーアクションがキーワードになっている。「ひとつ間違えば“クサい演技”になるギリギリの線をついている」(コラムニスト・桧山珠美氏)という具合。

 今期ドラマで「相棒」に迫る勢いの「下町ロケット」も顔芸が目立っているキャストがいる。ロックンローラー・吉川晃司(50)だ。前出の桧山氏が言う。

「吉川さん、いい役をもらいましたよね。主人公に敵対する財閥企業の部長なら、ややオーバーアクションでもそれほど違和感はありません。吉川さんはそれを最大限に生かして、たとえば何げなく『何?』とやるところを『ぬぁに?』と時代劇よろしく見えを切って憎々しさを増幅させています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る