「下町ロケット」で水原本部長役 木下ほうか語る下積み時代

公開日: 更新日:

 生活を楽にしたいならバイトをガンガンやればいいんです。でも、それだと本来の役者の道が狭くなる。しかも、食うに困らない範囲で、日舞やジャズダンス、殺陣、乗馬といった売り込みの武器になるような習い事もしなくちゃならない。費用はかさみます。

 それと、上京するまでお酒は一切飲まなかったのですが、人脈づくりのために、なるべく酒席に出るように心がけましたから、その出費もバカにならなくて。

 毎月末には必ずといっていいほどピーピーしてました。そんな時は井筒監督のところへ行くんです。監督もあうんの呼吸で目的がわかってるから、ランチや夕食時に出版社とかテレビ局の打ち合わせを組んでくれて、2人してごちそうにありついてました。

 そんな電車賃にも困る生活が足かけ7年。何とか食うに困らなくなったのは33歳ぐらいです。でも、今でもそうですが、ロケ弁は食べ残さないし、余ってれば1個、2個と自宅に持って帰ります。だってもったいないじゃないですか。食費が浮くのに。

 僕ら役者は今日、明日は何とか仕事があっても1週間、1カ月先はどうなってるかわからない。立場はフリーターと変わりません。常に危機感を持ってますし、だからこそ、その時その時の芝居に真剣に取り組む。それが今のモチベーションになっているんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  9. 9

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る