• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鉈の先に剃刀」 石丸謙二郎が語るつかこうへいの凄み

「おまえはもう来なくていい!」

 稽古場に、つかこうへいさん(享年62)の怒鳴り声が響き渡りました。「えっ?」ときょとんとしていたら、「おまえがいるなら俺が帰る!」。

 こう言い残して、つかさんはサッサと帰っていったんです。残された劇団員や、役者、スタッフは呆然……。

 今から36年前の1979年2月3日。5日後、つかさん原作・脚本の「いつも心に太陽を」(のちに「ロマンス」に改題)の西武劇場(現PARCO劇場)での舞台の初日が迫ってる時でした。

 翌日、暗い気持ちを奮い立たせて稽古場に行ったものの、稽古に参加するわけにもいかず、そっと陰から見てました。そうしたら、翌日かその次の日だったかに稽古参加の許しを得て、ようやく舞台に出ることができたのですが、なぜ追い出されたのかよく理解できません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る