• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山路徹氏の恩人は筑紫哲也氏 フリーランスの活動支え続ける

 女性問題でお騒がせ(?)のジャーナリストの山路徹さん(53)。現在は日曜18時「ウィークリーニュースONZE」(BS11)でキャスターを務めている。「やっと報道の世界に戻れた」というその気持ちを支えたのは筑紫哲也さんだった。

 恋愛、女性の話じゃなくていいんですか、ゲンダイさんが? 意外だなあ、ハッハッハ。何でも答えます、マジメに。恩人のことですよね。

 人生にはいくつもの岐路があります。僕にはその時々に支えてくれた誰かが必ずいました。その中で、僕が今、戦場ジャーナリストだ、APF通信社の代表だと言えるのはなんといっても筑紫哲也さんのおかげ。

 1992年の8月までテレビ朝日の「ニュースステーション」でディレクターリポーターをやっていました。当時は湾岸戦争が勃発し、冷戦が崩壊した後には地域紛争が発生して世界が激動していた時代。パレスチナ、イスラエルなどの現地取材に明け暮れていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る