山路徹氏の恩人は筑紫哲也氏 フリーランスの活動支え続ける

公開日:  更新日:

 女性問題でお騒がせ(?)のジャーナリストの山路徹さん(53)。現在は日曜18時「ウィークリーニュースONZE」(BS11)でキャスターを務めている。「やっと報道の世界に戻れた」というその気持ちを支えたのは筑紫哲也さんだった。

 恋愛、女性の話じゃなくていいんですか、ゲンダイさんが? 意外だなあ、ハッハッハ。何でも答えます、マジメに。恩人のことですよね。

 人生にはいくつもの岐路があります。僕にはその時々に支えてくれた誰かが必ずいました。その中で、僕が今、戦場ジャーナリストだ、APF通信社の代表だと言えるのはなんといっても筑紫哲也さんのおかげ。

 1992年の8月までテレビ朝日の「ニュースステーション」でディレクターリポーターをやっていました。当時は湾岸戦争が勃発し、冷戦が崩壊した後には地域紛争が発生して世界が激動していた時代。パレスチナ、イスラエルなどの現地取材に明け暮れていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る