日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山路徹氏の恩人は筑紫哲也氏 フリーランスの活動支え続ける

 女性問題でお騒がせ(?)のジャーナリストの山路徹さん(53)。現在は日曜18時「ウィークリーニュースONZE」(BS11)でキャスターを務めている。「やっと報道の世界に戻れた」というその気持ちを支えたのは筑紫哲也さんだった。

 恋愛、女性の話じゃなくていいんですか、ゲンダイさんが? 意外だなあ、ハッハッハ。何でも答えます、マジメに。恩人のことですよね。

 人生にはいくつもの岐路があります。僕にはその時々に支えてくれた誰かが必ずいました。その中で、僕が今、戦場ジャーナリストだ、APF通信社の代表だと言えるのはなんといっても筑紫哲也さんのおかげ。

 1992年の8月までテレビ朝日の「ニュースステーション」でディレクターリポーターをやっていました。当時は湾岸戦争が勃発し、冷戦が崩壊した後には地域紛争が発生して世界が激動していた時代。パレスチナ、イスラエルなどの現地取材に明け暮れていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事