“芸能界のドン”も登場 小泉今日子特集本の「サービス精神」

公開日:  更新日:

「注文が殺到しており、想像以上の反響をいただいています」(版元関係者)とうれしい悲鳴を上げるほどのバカ売れだ。4日に発売された季刊のカルチャー誌「MEKURU」(ギャンビット刊)のこと。東京・日本橋にある大型書店は「店頭に並ぶやいなや飛ぶように売れ、発売日の昼には売り切れました」(販売スタッフ)。アマゾンでは早くも“小保方さん本”を抑え、売れ筋ランキングベストワンという人気だが、読者のお目当ては全90ページにわたって組まれた「小泉今日子特集」である。

 50歳の誕生日を迎える2月4日に発売し、〈みんなのキョンキョン 誰も知らない小泉今日子〉と題したその内容は、キョンキョンを“丸裸”にしている。本人のロングインタビューほか、都内の自宅を初公開。そこには“麻呂眉”のスッピンで「中南海」のたばこをくゆらせ、リラックスした様子のキョンキョンをはじめ、枕が2つ並んだダブルベッドの寝室まで披露している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る