新CM女王確実 吉田羊の「好感度」は器用さと自然体にあり

公開日: 更新日:

 男性脇役陣は毎年のように新たな個性派が現れ活躍を続けるが、女優陣に目を向けると意外と少ない。若手から中堅まで主役クラスは充実。サバイバルのようになっているが、中堅の脇役ができる女優は意外と少ない。

 そんななか、彗星のごとく現れたのが吉田羊である。今時の女優には珍しい苦労人である。舞台役者を目指し上京。地味な脇役をコツコツとこなし、知る人ぞ知る存在だった。2年前のドラマ「HERO」に出演。女検事役に合わせ自ら髪を短く切りボブカットにした。役柄と髪形がマッチしたこともあり、吉田の存在感は増した。その後の活躍は目覚ましいものがある。今やテレビで見ない日はない。

 脇役とは多くの引き出しを持ち、どんな役でも引き受け、確実にこなす。正統派の主役はワンパターンになりがちだが、脇役は変幻自在。樹木希林は若い頃からお婆ちゃん役で存在感を示していた。年齢不詳の吉田もドラマのジャンルを問わず妻から母親役までこなす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る