• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新CM女王確実 吉田羊の「好感度」は器用さと自然体にあり

 男性脇役陣は毎年のように新たな個性派が現れ活躍を続けるが、女優陣に目を向けると意外と少ない。若手から中堅まで主役クラスは充実。サバイバルのようになっているが、中堅の脇役ができる女優は意外と少ない。

 そんななか、彗星のごとく現れたのが吉田羊である。今時の女優には珍しい苦労人である。舞台役者を目指し上京。地味な脇役をコツコツとこなし、知る人ぞ知る存在だった。2年前のドラマ「HERO」に出演。女検事役に合わせ自ら髪を短く切りボブカットにした。役柄と髪形がマッチしたこともあり、吉田の存在感は増した。その後の活躍は目覚ましいものがある。今やテレビで見ない日はない。

 脇役とは多くの引き出しを持ち、どんな役でも引き受け、確実にこなす。正統派の主役はワンパターンになりがちだが、脇役は変幻自在。樹木希林は若い頃からお婆ちゃん役で存在感を示していた。年齢不詳の吉田もドラマのジャンルを問わず妻から母親役までこなす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る